寝心地のいいベッド

婦人

安眠生活を手に入れるには

新生活など、寝具を揃える際に悩むのが「ベッドにするか布団にするか」ということです。もう一つの選択肢としてすのこベッドを検討するのはいかがでしょうか。すのこベッドは狭い部屋でもベッドのように場所をとらず、布団で悩む湿気やカビの対策にもなります。桐やヒノキ、折り畳み式とその種類もさまざまです。選択を間違えるとカビで悩んだり、眠る時に「ギシギシ」という音が気になったりとトラブルにつながります。すのこベッドを選ぶときのコツは「素材」「種類」「すのこベッドと相性のいい寝具」などがあります。湿気対策に万全を期しておきたい人には「桐素材」がオススメです。軽くて扱いやすいのも特徴です。癒しを求める人には「ヒノキ」、価格を気にするなら「杉」がいいでしょう。空間を第一に考える人には、折り畳み式ベッドがオススメです。特に折りたたんだ状態で布団が干せるタイプのものは湿気やカビ対策に最適です。寝心地や耐久性を重視する人はベッド型のものがいいでしょう。すのこベッドはもともと、西洋で作られたベッドを日本人が快適に使えるように改良されたものだと言われています。湿気が気になる風土でも、このベッドを利用すればマットレスでも快適に使用することができます。しかし、せっかくなので「布団で眠ることのできるベッド」として活用してみましょう。すのこの隙間から湿気を逃してくれるので、お手入れも布団のみの生活より楽になります。安さだけを求めてしまうと、大きな軋みの原因になったり、せっかくのメリットである湿気対策がまったくできないといったトラブルにつながります。自分の好みや目的に合ったすのこベッドで快適な安眠生活を送りましょう。

Copyright© 2017 寝具に湿気を溜め込まないために|すのこベッドを利用しよう All Rights Reserved.