快適に眠れる理由とは

寝る人

特徴とメリット

すのこベッドは、その特徴的な作りから湿気やカビ防止に優れた機能を持ちます。まず、すのこベッドに使われる木材は、ヒノキや桐などが使われ、これらの材質は湿気を吸収する働きをします。そのような材質と同時に、あえて隙間を作って木材を打ち付けた作りが、湿気を下へと通過させていくのです。湿気をため込まない作りがカビ防止につながるので、高温多湿な環境の日本ではすのこベッドの人気度は高いです。一般的なベッドの場合、寝汗などがマットレスに溜まってしまうので、寝心地の悪さや非衛生な状態にもなってしまいます。人が寝ている間は多くの汗をかくと言い、それがマットレスなどの寝具に溜まってしまうのです。マットレスは分厚く大きいために、日干しをするのも肉体的な負担が伴います。そのため、湿気がどんどん停滞してしまい、ベッドの寿命を縮めてしまうことになります。けれども、湿気をため込まない作りを意識したすのこベッドは、衛生状態にも優れており、気持ちのいい睡眠が目指せます。特に暑い気候の地域では、夜寝苦しかった状態でも涼しく寝られるメリットがあります。暑い時期の寝苦しい原因は、やはり寝具やベッドに溜まった湿気です。少しでも快適な状態で眠りたいなら、すのこベッドが最適な存在となります。すのこベッドには、折りたためるタイプもあります。折りたためるタイプであれば、風通しのいい場所で陰干しができたり、収納ができるので便利です。そして、すのこベッドの機能を高めたいなら、脚が高いすのこベッドを選ぶことです。基本的に湿気は15cmから20cmは離れていないと逃げ場がなくなるので、それぐらいの高さのあるすのこベッドがおすすめです。

Copyright© 2017 寝具に湿気を溜め込まないために|すのこベッドを利用しよう All Rights Reserved.